FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

華道教室の母娘と親子丼 39話 マンネリ解消

ベッドに寝かせ荒々しくキスをしました。

先生も息を上げて応えてくれています。

首筋を吸ったり噛もうとしましたが目立ってしまったらまずいので肩を強めに噛みました。

「あぁ・・・・、感じるぅ・・・・、もっと強く噛んで・・・・」

乳房を両手で乱暴に強く揉みました。

「あぁ・・・・、あん、もっと乱暴にしてぇ・・・・」

乳首を指で摘んで引っ張ったり、歯で強めに噛んだりしました。

「あん、もっとイタブッテ・・・・」

でもどのくらい強くしたら良いのか分からなくて躊躇していたら先生は自分の乳房を荒々しく揉んでいました。

その姿が淫乱熟女の姿そのものだったので私を更に興奮させました。

愛撫しても意味がないと思ったので下に行ってクリを舐めて歯を立てて軽く噛んでみました。

「あ・・・・おかしくなりそう、感じるぅ、もっと強く噛んで・・・・」

私は半信半疑でもう少しだけ強く噛んでみました。

「あぁ・・・・、あん、あん」と言いながら悶えています。

先生にはこんな性癖があったとは正直驚いていました。

尻の周りは先ほどのビンタで桃色に手の痕が染まっていたのでこれ以上は叩けないと思っていました。

次回までに縄の縛り方を勉強しようと思った程です。

これ以上S的な技術は持ち合わせてないので取り合えず肉棒を膣に突っ込み腰を振りました。

ペニスの角度を変えたり円を描いたりしました。

先生は今まで見た事のないような半狂乱の悶え方をして感じているようでした。

自分でクリを弄りながら乳房を揉んで悶えていました。

私の腰の突き上げに合わせて「あぁ・・、あ、あ、あぁ・・、あ、あ、あぁ・・、気持ちイイ・・」と声を出して悶え腰を上下に振っていました。

私は更に腰の動きを早めると「あん、あん、あん、あぁ・・、感じるぅ・・・、イッちゃいそう・・・」と言いながら私の腰に白くて長い太目の脚を絡めてきました。

先生は「イッちゃう、イッちゃう、ぅんグぅぁぁぁ、イグぅ・・・・・」と叫んで白目をむいて口は半開きになり涎を垂らしてアクメに達して果てたのです。

私は構わず腰を振ると「ダメッ、お願い、止めて、おかしくなりそう」と逃げようとしたのですがSの精神を貫いて先生の腰を抑えて逃がさないようにして更に腰を振ったのです。

「ダメッ、本当にダメなんだから、ダメだってば・・・」と悲痛な声を上げ逃げようとしました。

私はそれでも構わず腰を振り続けました。

「出ちゃう、出ちゃう、出る・・・・」と言って少量の潮を噴きました。

私はそれでも構わず腰を振ると「ダメッ、本当にダメッ、あぁ・・・・、本当にダメぇ・・・・」と言って身体をビクンビクンと震わせた後に脚をピンと伸ばして一時気絶してしまいました。

少しの間、そのままにしていたら先生は我に返って「こんなに感じたの初めて」と言って私の背中に腕を回して白く長く太目の脚を腰に絡めて抱き付いてきました。

先生の胸と腹の肉が弾力があって気持ち良かったです。

先生は自分ばかりイッてしまっている事に気が付いて「貴方はいかないの?」と尋ねました。

私は意地悪く「俺もイッて良いんですか?」と尋ねました。

先生は「ゴメンなさい、私ばっかりイッて」

私は「じゃぁ、イッてもイイですか?」

先生「イッてぇ!お願いだから中で沢山出してぇ!」

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

華道教室の母娘と親子丼 38話 強姦の真似事

先生を脱衣場まで抱っこして行き、それぞれで着ている物を脱ぎました。

私の元気なペ〇スを見た先生は「若いって良いわよね、まだ上を向いてるんだから」と言ってフ〇ラをしてくれました。

その後、先生は先に入っていてと言って洗面所で化粧を落としていました。

私は先に入って身体を洗って湯船に入り、先生も後から入ってきて身体を洗って湯船に入りました。

先生の乳房を後ろから両手で揉むと「あぁ、あん」と声を漏らし「もっと強く、乱暴に・・・」と言ったので私はグリグリ強く揉むと「あぁ・・・、犯されているみたいで感じるぅ・・・」と、更に続けて「実は貴方が最初に華道教室に来たその夜に貴方に犯されているのを想像してオナニーしていたの」

私「言ってくれればいつでも襲ったのに」

先生「そんな事、初対面で言える訳ないでしょ」

私「じゃぁ、今日はママを私が襲うというシチュエーションで行きますか?」

先生「そうして」

ここまで関係が続いてくるとセックスがいつも同じパターンでマンネリになってきていたのかもしれないと思ったのです。

私の性格がSとは薄々気付いていましたが、先生は完全なMだったとは嬉しい限りでした。

でもSMの経験はなかったのでどうやったら良いのか分からなかったので適当に乱暴にすれば良いのかと思ってやっていました。

浴槽の中で縁に手を付かせてバックの体勢で先生の白くて大きな尻を平手で叩きました。

「あぁ・・・・、そんな強く叩くのは止めて・・・・」と口では言いつつも腰を振って悶えていました。 

尻には赤い引っぱたいた痕が無数に付きました。

前を向かせてフ〇ラをさせて髪の毛を乱暴に掴んでイラ○チオをしました。

ペ〇スを喉の奥に突っ込むと先生は「オエッ!オエッ!」と吐き気をもよおしていたが構わず何度もやりました。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

華道教室の母娘と親子丼 37話 ホテルの部屋

久しぶりに大好きな先生との水入らずでした。

先ほどは定食屋のオバサンと一回戦交えてきたので持続力は半端じゃないです。

まずは先生をベッドに寝かせてキスを、綺麗に並んだ白い歯の間に舌を入れて歯の裏側を舌で舐めまわします。

その後、舌を絡めて先生が出してきた舌を吸ってネットリと絡めました。

先生は既に興奮状態で息を荒くしていました。

一気に下に行き着物の裾を捲り上げてパンティを下ろして白く綺麗な脚をM字に開かせて直接陰部に舌全体を使ってベロンと舐めます。

「あ・・・・、汚いからお風呂入ってから・・・」

私は構わず舐め続けました。

「あ・・・・・、あん、ダメだってば・・・」

ニオイは今付き合っている女性の中では一番少なく無臭に近いです。

そしてクリや小陰唇そして膣口の柔らかさは一番かもしれません。

それだけにクリ、小陰唇、尿道口、膣口の場所がつかみ難いのが難点でした。

愛液の量は多くもなく少なくもない中間的でした。

膣の締り具合は決して良い訳ではなかったのですが悪くてスポスポではなかったです。

乳房の形や垂れ具合は一人娘を生んだとしては崩れていなかく綺麗に形を保っていました。

乳首も上とまでは言えないですが下に垂れている訳でもなかったですし大きさは定食屋のオバサンの次に大きくて弾力がありました。

取り合えず、クンニを嫌というほどしたのでそのままペニスを膣に挿し込んで突き上げました。

「あぁ・・・・・、壊れちゃう・・・・、イイ・・・・・、欲しかったの、貴方の大きなオチ○チンが」と先生は叫びながら腰を突き上げてきました。

私は先生の口に舌を入れて絡め更に強く腰を振りました。

5分ぐらい振った時に「あぁ、あ、あ、あん、あ、あ、あん、イッちゃう、イクッ、あ、あぁ、ぅんグぅ・・・・、イグぅ・・・・」と言って足をピンと伸ばしてアクメに達しました。

その後、着物を着せたままベッドに手を付かせて大きな白い尻を手で押さえてバックからペニスを挿し込んで大きく突き上げ腰を10分ほど休まず振り続けました。

「あぁ・・・、イイ・・・・、あ、あ、あん、イイ・・・・、もっと突いてぇ、もっと奥に、あぁ・・・、イッちゃう
、またイッちゃう、イクッ、イク、ぅんグぅ・・・・・、イグぅぁぁぁ・・・」と言って足を伸ばしてアクメに達しました。

先生「依田さんはイカないの?」

私「ママと会えない間、山梨でずっとオナニーしていて昨日も出したからイケないんだと思うのです」

先生「今日、帰ってくるって言っていたんだから昨日ぐらいは我慢すれば良かったのに」

私「そうでしたよね」

先生「でもお蔭で私は2回もイッちゃって」

私「まだまだイカしますから覚悟していて下さいね」と言ってベッドの下に先生を下ろし床に脚を付けてベッドに手を付かせ着物の裾を捲り上げてバックからペニスを挿し込んで突き上げ、時には腰を回して10分ほど休まずに振りました。

「あぁ・・・、強いわ、強い・・・、イイ、イッちゃう、気持ちイイ、おかしくなっちゃう、奥に、奥に当たるぅ・・・、イッ、イクッ、あぁ、イクッ、ぅんグぅぅぅ・・・、イグぅぅぅぅ・・・・・」と脚をガクガクさせて座り込もうとしたので腰を持ち上げて更に腰を振ると「ちょっと、ちょっと、お願い、壊れちゃいそうだから、動かないで」と。

私は構わず腰を振り続けました。

「あ・・・・、出ちゃう、出ちゃう」と言ったのでペニスを抜いて先生の尿道口に口を開けるとビュッと一回だけ潮を噴いて、次の瞬間「ごめんなさい」と私の目を見て謝りました。

私は「先生のだったら飲めますから、この間も飲んだじゃないですか」と。

先生「でも汚いもの」

私「丁度喉が渇いていたから美味しかったですよ」

先生「嘘!バカなんだから」と言った先生の口にキスをして舌を出すと応じてきて舌を絡めて吸ってきました。

先生も私も極限の興奮状態だったと思います。

私「ママ、お風呂に入ろう」

先生「うん、そうね、そうしましょう」

つづく


いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

華道教室の母娘と親子丼 36話 一時帰京の挨拶

今日は華道教室の日ではなかったのですが前もって連絡をしていたので先生は時間を作って空けてくれていました。

娘は出掛けていたので二階の住まいでお土産を渡して話しをしました。

先生「他人の世話をしていて自分の独立開業の準備は大丈夫なの?」

私「他人様の開業の手伝いは自分の開業の予行演習になっているので私としては有難いと思っているんです」

先生「そうなら良いんだけど、心配だったから」

私「本当にご心配をお掛けしてすみませんでした」

先生「今日の予定は?」

私「この後は何も入れてません」

先生「じゃぁ、早速だけど抱いてよ?」

私「今からここでですか?」

先生「そう、ダメ?」

私「ホテルの方が良いなぁ、娘さんが帰ってきたらまた面倒だし」

先生「そうね、それじゃぁ、ホテルにしましょう」

新宿の京王プラザの部屋を先生が予約して出掛けました。

チェックインしてから天気も良かったので新宿御苑を散歩しました。

今まで付き合った女性の中では先生が一番好きです。

「女」としての先生は艶やかで中年のオジサン連中も先生を見ると振り向いて二度見するほどですから。

あの前の店のオーナーでさえ私が居ても言い寄ったぐらいの美貌の持ち主です。

毎日和服を着ていてそれがまた良く似合っていました。

いつも背筋をピンと伸ばして凛とした姿勢に憧れました。

先生がもっと若かったら絶対に結婚を申し込んでいたと思いました。

こんな若造とこんなに長く付き合ってくれている先生に感謝してやみませんでした。

新宿御苑の中を手を繋いでゆっくり散策しながら歩きました。

先生は山梨で私が浮気しているんじゃないかとまだ勘繰っていました。

私も先生に「そんなに心配しているって事はもしかしたら先生こそ浮気しているんじゃないですか?」と反論しました。

先生「している訳ないじゃない」

私「その言葉信じて良いですよね」

先生「もしかして妬いているの?」

私「はい、妬いています、俺は先生が一番好きですから、先生が若かったら結婚を申し込みたいくらいです」と。

先生「若くなくてゴメンナサイね、でも嬉しいわ」

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

華道教室の母娘と親子丼 35話 先生に相談

退職願を店に出した次の週の水曜日に華道教室に行き先生に退職して独立創業する旨を報告しました。

先生は「いよいよね、楽しみだわ、私の関係者を全員紹介するから大船に乗った気持ちで頑張ってね」と言ってくれました。

私「はい、先生には期待していますので宜しくお願いします」

華道の講習を受けてランチを食べに行きました。

食事中に私の耳元で「忙しかったの?最近抱いて貰ってないんだけど」と先生が。

私「食べ終わったら行きますか?」

先生「うん、最近疼いちゃって」

私「先生からそんな事言われると興奮しちゃうな」

店を出てタクシーを拾ってラブホへ

部屋に入るなり先生は私に抱き付きキスを求めました。

私も久々だったので舌を入れて口の中を掻き回しました。

先生は既に興奮していてハァ、ハァ、ハァと肩で息をし荒げています。

テーブルに手を置かせて着物の裾を捲り上げたらショーツは付けてなかったので、膣口に手をやると洪水状態だったのでスラックスとトランクスを脱ぎ捨ててペニスを膣に一気に入れて腰を振ったのでした。

先生「あ・・・・欲しかったの・・・・、貴方の太くて大きいオチ○チンが・・・・気持ちイイわ・・・・」

20分ほど腰を振っていると3回ほどアクメに達しその度に

先生は「イッちゃう、イッちゃう、あぁ、あ、あ、あ、あ、あん、イクイクイクイクイク、あん、イクぅぅぅ・・・・」と。

そして最後に先生「貴方も中で一緒にイッてぇ!」と。

私「ママ、俺もイッちゃいそう」

先生「イッてぇ!イッちゃう、あぁ、あ、あ、あ、あ、あん、イクッ、ぅんぐぅ・・・・・・・」と脚をガクガクさせてアクメに達しました。

私も先生の腰を抱いて膣中に「ママ、イクッ、イクッ、あぁ、あ、イクぅ・・・・・」とドクッ、ドクッ、ドクッ、と射精しました。

先生は着物を着たままで私の前にひざま付いてペニスを舌で掃除してくれました。

先生の膣からは床に愛液と精液が混ざった白い液体が滴り落ちていたので膣と床をティッシュで拭きました。

着物を脱がして全裸にさせ風呂場に抱っこして連れて行き洗い場でシャワーを浴びさせて膣の中を指で掻き出して洗いました。

その後、ボディーシャンプーを掌に取って良く泡を出して先生の身体を洗い私の身体も先生が洗ってくれてシャワーで泡を洗い流すと先生は私のペニスを銜えフェラをしだしました。

先生「貴方のオチ○チンが欲しかったの、会えなかった時にオナニーしていたんだけど全然いけなかった」

シャワーを浴びて脱衣場で身体を拭いて抱っこしてベッドへ連れて行って寝かせました。

腕枕をして私「ママ、キャラが変わったような気がするんだけど」

先生「どう変わったの?」

私「ママはあんなスケベな言葉は使わなかったように思うんだけど」

先生「ほったらかしにされたから性格が変わったんじゃないかしら」

私「ほったらかしてないじゃないですか?ちゃんと華道には毎週来てたし」

先生「でも抱いてはくれなかったもの」

私「娘さんの精神状態がおかしかったから」

先生「でも今だっておかしいもの」

私「何とかならないものなんですかね」

先生「精神科に今、通わせているんだけど」

私「どうなんですか」

先生「一向に変わらなくて、男が欲しいって言って夜な夜な泣くのよ」

私「この間言われたからって娘さんを抱けないですから」

先生「そうだけど、頼むとすれば貴方しか言えないし」

私「先生が良いなら私は頑張りますよ」

先生「じゃぁ、娘に話してみても良いかな?」

私「はい、良いですよ」

先生「じゃぁ、また連絡するわね」

私は「もう話しは良いですか?」

先生「ごめんなさい、終わったわ」

私は先生の胸に身体を乗せてキスをし、大きな乳房を乱暴に揉みました。

「あ・・・感じるぅ・・・・もっと強く乱暴に揉んでぇ・・・」

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。