FC2ブログ
 

官能私小説ノート

山梨 合宿所の女将 真由美 30話 真由美の鬼の形相

(エッチな表現がないので読み飛ばして下さい)

「だから言ってたのよ!」と真由美が。

私は何の事か分からずに「何を?」と。

「昨日から今日に掛けて電話していたでしょ?」と真由美。

「今日の国際電話ではちゃんと電話代支払ったじゃん」と私。

「電話代?そんなもの要らないわよ!そういう事を言っているんじゃないのよ!」と真由美。

私「じゃあ、何を言っているんだよ」

「全員、女でしょ?」と真由美。

「違うよ、前の店の後輩たちだよ」と私。

「絶対に嘘!私聞いていたんだもの」と真由美。

真由美が大きな声を出していたので隣の部屋にいた息子が来て、

「ママ、何を一人で怒っているの?」と息子。

真由美は「貴方には関係ない事だからあっちに行ってて!」と。

私「昨日から今日に掛けて電話したのが皆、女だって言って怒っているんだよ」

息子「ママ、だから言ったじゃない、ママが一番最後なんだからシェフを束縛したらいけないって」

真由美「そうだけど、何も家の電話で話さなくてもいいんじゃない?」

息子「この時間にシェフに外の公衆電話に行けって言うんだ、こんなに自分を犠牲にして手伝ってくれている人なのに、本当はシェフ自身の独立開業にとっても大事な時期なんじゃないのかなぁ?それなのにママは自分の思いだけをシェフにぶつけて、子供と一緒だよ」と。

私は何て良いこと言ってくれるんだろうと思っていた。

真由美「ごめんなさい」と謝って号泣しだした。

息子は「あぁ~あ、また泣いた、構ってられないから後はシェフヨロシクです」」と言って自分の部屋に行った。

私は「オイオイ、こんな状態で置いていくなよ」と心の中で叫んだ。

私「真由美、心配させてゴメンね、お願いだから泣かないでよ」

真由美「だって心配なんだもの、じゃぁ、強く抱いて、抱き締めて」

私は彼女をギューッと抱き締めた。

真由美「もっと強く、ギューッと!」

私、あ・・・面倒臭いと思いながら口で「ギューッと」と言って抱き締めたら、

真由美「バカにしているでしょ?」

私「そんな事ないよ」と言って、また口で「ギューッと」と言った。

真由美は「バカにしている!」と言って爆笑した。

私は心の中で「あー良かった」と思った。

私「じゃぁ、ベッドに行けよ」と言うと、

真由美「いつものように抱いていって」と。

私は「分かったよ」と言って抱きかかえてベッドにほおり投げた。

真由美は「乱暴にしないで」と言って抱き付いてきた。

喧嘩の後の激しいセックスをした。

工事の予定が決まったので私は一旦、帰京する事にした。

2週間前に渋谷の総料理長に韓国行きの都合の良い日を打診していた。

数日前に華道の先生、社長の奥様、定食屋のオバサンに帰京の電話した。

つづく



いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

PageTop

山梨 合宿所の女将 真由美 29話 改装工事

(エッチな表現がないので読み飛ばして下さい)

銀行から融資の決済が下りたと連絡が入った。

真由美と息子は二人で「やったー!」小躍りして喜んだ。

今までこの合宿所は年々右肩下がりで売上を落としてきたので不安だったのだろう。

私「設計士さんと東京の厨房屋に工事の日取りをどうするか相談して」と言った。

息子「はい、電話します」と言って電話した。

一週間後の月曜から始まって1ヶ月で仕上げると言った。

1ヶ月は長いと思ったが見積金額が出ているので良しとした。

後は計画表通りに動いてと指示した。

息子は泊まって作業している厨房屋の職人の朝、昼、晩の食事と私と真由美そして息子の分を合宿所がオープンしたら出すメニューを試食として作って出していた。

作って出す度に「シェフ、どうですか?」と聞いたので「美味しいけど丼勘定だと利益が上がらなくなるから料理を作る度に原価率の計算とレシピを残しておく事が大切だよ」と伝えた。

息子「再オープンする前に練習ができて良かったです」と。

私「そうだよね、身体がなまっちゃうものね」と言いながら「自分はどうするんだ」と心配になった。

ま、自分の事はさて置きとにかくこの合宿所の再オープンを第一に考えないとと改めて自分を奮い起こした。

その夜、合宿所の公衆電話で華道の先生に電話した。

私「先生、お元気ですか?」

先生「まだ帰ってこないの?」

私「はい、まだ掛かりそうです」

先生「そっちに女が居るんでしょ?」

私「直ぐにそうやって勘繰るんだから」

先生「早く帰って来なければ浮気しちゃうからね」

私「どうぞ、どうぞ」

先生「分かったわよ、本当にするからね」

私「いつもは凛としている先生らしくないなぁ」

先生「本当なんだから」

私「じゃぁ、その内一回帰りますよ」

先生「本当?」

私「はい、帰る時は前もって電話しますから」

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

明くる日の昼に社長の奥様に電話した。

私「お久しぶりです」

奥様「私をほったらかして今、何処にいるの?」

私「すいません、今、山梨にいるんですよ」

奥様「じゃぁ、今度私が行くから」

私「ママは本当にフットワークが軽いんだから、大丈夫ですよ、近い内に一回帰りますからその時は前もって電話しますよ」

奥様「本当?絶対よ」

私「それまで大人しくしていて下さい」

奥様「分かったわ」

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

その後、定食屋のオバサンに電話を入れた。

私「お久しぶりです、元気でしたか?」

オバサン「元気だったけど、貴方のアパートの隣が火事になって大変だったんだから」

私「で、どうなったんですか?」

オバサン「貴方から鍵預かっていたから、家のお客さんと一緒に貴方の家財道具を家に運んだのよ」

私「えぇ・・・・、そんな事があったのですか?すいませんでした」

オバサン「でもまた荷物を運ぶのは怪しまれるから貴方が帰ってきてからにするから」

私「近い内に一回帰りますのでそれまで預かっていてもらえますか?」

オバサン「大丈夫よ、いつまでも待っているから」

私「帰る時は前もって電話しますから」

オバサン「分かったわ、待ってる」

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

その夜、真由美の自宅の電話を借りて韓国のヨンファに国際電話を掛けた。

私「俺だけど、元気?」

ヨンファ「全然、連絡が取れなくて心配していたのよ」

私「ゴメン、忙しくてさ」

ヨンファ「今度いつこっちに来るの?」

私「多分、後1ヶ月は行けないな」

ヨンファ「どうして?」

私「友達の店が後1ヶ月後に再オープンするんでそれの手伝いをしているんだ、だからまた行く時は前もって電話するから」

ヨンファ「じゃぁ、今居るところの電話番号を教えて?」

私「ダメだよ、他人の家だからさ」

ヨンファ「じゃぁ、1週間に一回は電話頂戴」

私「2週間に一回じゃダメ?」

ヨンファ「分かったわ、待ってる」

私「じゃぁ、またね」

ヨンファ「うん」

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

その夜、真由美が鬼の形相で


つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

PageTop

山梨 合宿所の女将 真由美 28話 業者選び

(エッチなはな描写がないので読み飛ばして下さい)

明くる日の昼食を終えてから真由美と息子と私で会議を開いた。

私「再オープンに向けての会議を開きます」

息子「じゃぁ、僕から先日シェフに言われて行った銀行2行と国民金融公庫1行の報告です」と言い説明を受けた。

息子「シェフが教えて下さった順番で銀行を回ったら取引銀行が金利を下げてくれました」と嬉しい報告を。

私「じゃぁ、融資は取引銀行で決まりだね、国金もイイんだけど、やっぱり取引銀行が一番力になってくれると思うんだよね、何故かと言うとまず国金は集金や両替はしてくれないけど、銀行は普通に業務としてやってくれるし、その後に追加融資が必要になった時も融通はしてくれると思うんだよね、後長く借りて早く返す、これが融資の鉄則だから欲を言えば纏まった金が出来たら中抜き返済を繰り返すと金利が得できるし月々はキチンと返済していれば金利も更に下げてくれる場合もあるからね」と。

息子「何でそんなに銀行の事知っているんですか?」

私「実は親戚に銀行の支店長がいるから教えてもらってただの聞きかじり」と言って笑った。

息子「そうだったんですか、身内に銀行の関係者がいると強いですね」

私「だからって融資の条件が甘くなる訳じゃないからそれ程利点はないよ」

息子「それにしても何故、シェフはここまで親切にしてくれるのですか?」

私「まずは真由美の事、愛しているから」と昨日の件もあったので柄にもなくわざと言って、

更に続けて「俺も近い内に独立創業するから予習の為にやらせてもらっているんだ」と。

息子「ママ、聞いた?良かったね」

真由美「うん、嬉しい」

私「設計士の見積書は?」

息子「はい、これです」

私「この金額だったらどう?」

息子「ママと話してコレぐらいだったらイイよねと話したんです」

私「設計士への報酬はケチっちゃダメだし、先生なんだからちゃんと礼を尽くさないとダメだよ、蛇の道は蛇だから厨房屋の仕事にも目を光らせてもらえるからね、じゃぁ、決まりだね」

息子「はい、そうします」

私「で、電気、ガス、水道の業者の見積書は?」

息子「はい、これが電気工事の業者の見積です」と言って3冊出した。

私「この中で良いと思ったのはどの業者?」

息子「ママと話し合って決めたのがB社です」

私「じゃぁ、B社で決まりだね、水道は?」

息子「C社に決めました」

私「じゃぁ、C社で、ガスは?」

息子「これがa社でこれがb社でこれがc社の見積書です」と言って見せ続けて「a社は設備工事はしないでこの金額でb社は設備工事込みでこの金額で設備の減価償却期間が5年でc社も設備工事込みでこの金額で設備の減価償却期間が7年でしたので決められなくて困っていました」

私「a社はガス単体の金額が一番安いけどb社の減価償却期間が短いからa社とb社で迷っているんでしょ?」

息子「はい、そうなんです」

私「先日送られてきた厨房屋の最終の見積書とその前の見積書を出して?」

息子「これが最終のでこれがその前のです」と言って見せた。

私「この部分の金額とこの部分の金額を引いてみて、これがガス設備の金額だよね、b社の5年分のガス料金を計算してみて、その金額からこのガス設備の金額を引いてまた÷5÷12で幾らになる?で、その金額とa社の金額とどっちが安い?」

息子「a社です」

私「じゃぁ、どっちにする?」と真由美と息子に尋ねた。

息子と真由美はa社の見積書を指した。

私「プロパンガスって輸入しているから変動するの、だからどのくらいの期間で変動するか、今電話して聞いてみて?」と。

息子「今、電話して聞いてみます」

電話を切った息子が「1年毎だそうです」

私「じゃぁ、一年毎に他の業者にも見積を出して貰えば適正金額が凡そ分かるよね」と。更に続けて「今回見積書を提出して頂いた業者さんには電話をして折角、見積書を出して頂いたのですが、今回は見送らせて頂きますが、またの機会には宜しくお願いします」と言って今、電話をしちゃって」

息子「今、ですか?」

私「そう、今直ぐに、何でも嫌な事は先にやるの、後になればなるほど気が重くなって最後にはやらなくなるから、この行為は3業者を紹介して下さった設計士さんの顔を立てる意味もあるんだよ」と。

息子「・・・・・」

真由美「じゃぁ、私が」と言って各業者さんに電話をして丁重に連絡した。

私「銀行に提出する書類の件は聞いた?」

息子「はい、今まで父が決算書は出していたみたいなので必要ないけど事業計画書は書いてほしいと言われました」

私「事業計画書の雛形はこれだからこれに沿って書いてみて」と書面を渡した。

事業計画書は厨房屋から提出された2通の内の見積金額を多めに水増した金額の方で作り、選定業者の見積書等一式を持たせて真由美と息子に今までの税理士さんに「今後も引き続き宜しくお願いします」と挨拶する事を教え行かせその足で銀行に提出させた。

税理士さんは「完璧です、こちらこそ宜しくお願いします」と言ってくれたそうだった。

銀行の担当者も「お力になれるよう頑張ります」と言ってくれたそうだ。

工事及び再オープンの営業についての予定表(計画表)を作る。

後は融資が確実になったら設計士と施工業者に電話をして工事の日取りを決める。

宿泊料金等の金額を再度決め直す。

今まで来館して下さったお客様の名簿を清書して作る。

再オープンの案内の文面は印刷会社と相談して決める。

仕入れ業者から見積書を取る。 

等々、思い付いた事は全てノートに書いておく。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

PageTop

山梨 合宿所の女将 真由美 27話 貴方の赤ちゃんが欲しいの

ベッドに寝かした真由美は身体を起こしてキスを迫った。

私も応じて舌を挿し込んで綺麗に並んだ上の歯と下の歯の裏を舐め回した。

彼女は「あぁ・・」と声を漏らした。

更に出してきた舌に自分の舌を絡めて吸い滅多にしない唾液の交換をした。

私を仰向けにして乳首を舌で舐め回してそのまま下にスーと下りて私のペニスを掴んで舌で舐め回し髪を振り乱して顔を上下に振った。

彼女の大きな乳房がボヨンボヨンと動いて乳首の先が脚の上に当たってより興奮した。

その後、私の脚を上げさせて尻の割れ目に舌を這わせてアヌスに舌の先を硬くしてチロチロと舐めた。

私の上に跨って肉棒を膣に導いて腰を振り出した。

「貴方が欲しいの、貴方じゃなければダメなの、貴方の赤ちゃんが欲しいの」と叫びながら一心不乱に腰を振って「イッ、イッ、イイ、イッちゃう、イッちゃう、イク、あぁ、ぅんグぁぁぁぁ・・・、グぅぁ・・・・」と叫んでアクメに達しイッた。

その後も彼女は更に腰を振って「お願い、中で出して、中で、お願い・・・」と。

私は心の中で絶対に中で出したらダメだと自分に言い聞かせて彼女の攻めに耐えた。

彼女は「あぁ、もう、ダメッ、これ以上やったらまた私がイッちゃうから」と言って私から下りようとしたので私は繋がったまま正上位にして腰を更に振ってあげた。

彼女は「ダメッ、イッ、イッ、あぁ、イッちゃう、イッちゃう、イグぅ・・・・、ぅんグぁぁぁ・・・、グぅぅ・・・・」と言って脚を伸ばしてアクメに達した。

私は「真由美、イクよ、あぁ、あ、イクぅ・・・・」と言ってペニスを抜いて彼女の口の上に移すと彼女は口に含んでくれて「イクッ、あぁ、あ、イクぅ・・・・」と言ってドクッ、ドクッ、ドクッとザーメンを発射した。

彼女は口の中の白い液体を私に見せてゴクンと飲みまた私のペニスを口で銜えて手で扱いて絞って最後のザーメンまで飲み干し掃除してくれた。

彼女を抱き寄せて仰向けになって寝て、私「今日の真由美おかしいよ」と言った。

真由美「だって捨てられちゃうのが怖いの」と。

私「それはこっちの台詞だよ」

真由美「だって私の方がずっと年上だし、今頼りに出来るのは貴方だけだもの」

私「おれは熟女好きだからこれからも大事にするから」

真由美「だって東京には貴方の彼女が沢山いるって息子がこの間言っていたもの、いつかはこんなお婆ちゃんは・・・」

私「だから赤ちゃんを作りたかったの?」

真由美「だって私もう直ぐ40歳よ、そのうち子供生みたくたって生めない身体になっちゃうのよ、だから」

私「子供を作らなくたって長続きしている人たちっていっぱい居るんじゃないの?」

真由美「その長続きしなかった時の補償は誰がしてくれるの?」

私「それは・・・、先の事は誰にも分からないんだからこの話しは止めない、取り合えず今、確実に言える事は合宿所を再オープンして1ヶ月は最低でも別れないっていう事でダメかなぁ?」

真由美「分かったわ、あまりこの話しを長引かせると本当に嫌われちゃうものね」

私「近くを散歩しようか」

真由美「うん」

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

PageTop

山梨 合宿所の女将 真由美 26話 精液の要求

乱暴に腰を突き上げると「あぁ・・・・、もっと・・・・、強くぅ・・・・、壊れちゃいそう・・・・」

「イッちゃう、イッちゃう、イクッ、イク、あぁ、イクぅ・・・・・」と真由美は腰を上下に波打たせアクメに達しイッた。

暫くそのまま彼女の上に乗ったままにして彼女の息が静まった頃合を見て「身体を洗おう」と言って彼女を抱きかかえて起こし洗い場に行った。

彼女は私の身体を洗ってくれた。

私は脱力感が残っていたのでそのまま湯船に浸かった。

彼女は自分の身体を洗ってから一緒に湯船に浸かった。

彼女の大きな乳房を後ろから揉んだ。

子を産んでいない身体なのに乳首は黒くサクランボ程の大きさでグロテスクだった。

それがまた艶かしくて興奮を助長させた。

こちらに向かせて乳首をチューチューと吸った。

「あん、ダメッだってば・・・」と身体をよじる。

「ダメなんだ、そうなんだ」と言って唇を離すと「意地悪なんだから」と言った。

浴槽の縁に両腕を掛けて腰を持ち上げて彼女にフェラをさせた。

フェラをしながら私の目を見た彼女は「エッチ」と言って目を反らせた。

私は笑いながら「スケベ」と彼女に言い返した。

亀頭を銜えて口を萎めて上下に振ってカリ首を舌の先で舐め回してまた亀頭を銜え軽く歯を立てる。

私は「うっ」と声を上げる。

舌の先でペニスの先から根元まで舐め上から下まで何度も繰り返す。

私は「うっ、あ、うっ」気持ち良さで声を上げる。

彼女は私の腰を更に上げさせて玉袋を手で軽く揉んで玉袋を頬張って口の中に入れ舌を転がした。

「あぁ・・、うっ、あぁ、あ」と声を出してしまった。

彼女は私の腰を湯船に沈めて私を跨いで肉棒を自分の膣に導いて腰を前後に振り出した。

「あ・・・、気持ちイイの・・・、ずっと欲しかったの・・・」と言いながら髪を振り乱して腰を振った。

「奥に当たる・・・、奥に・・・、イイ、イイ、おかしくなりそう、イッ、イッ、イッちゃう、ぅんグぅ・・・、イグぅ・・・・」と言ってアクメに達した。

上に乗っていてもイケるもんなんだと思った。

暫くそのままにして今度が彼女を浴槽の縁に手を付かせてバックでペニスを挿入して腰を振った。

5分ほど振り腰で円を描くようにしていると「ダメッ、またイッちゃいそう、もっと奥に、奥に突っ込んで・・・イッちゃう、イグぅ、イグぅぅぅぅぅ・・・・・」と叫んで脚をガクガクさせてアクメに達した。

私も彼女の尻を掴んで「真由美、イクよ、あぁ、あ、イクッ、イクぅ・・・・・」と言ってペニスを抜いて湯の上に射精した。

真由美はその光景を見て「何で私の中でイッてくれなかったの?」と。

私「そんなのダメに決まっているじゃん」

真由美「貴方の赤ちゃんが欲しいの」

私「結婚もしていないのに、何言ってるの?」

真由美「でも子宮がそう言っているのよ」

私「これから改装して商売を始めようとしているのに子供なんて出来たら大変になっちゃうよ」と。

真由美「じゃぁ」と言い出した時を遮って私は「風呂の中で話す話しじゃないから出よう」と言って洗い場に出て彼女にシャワーを浴びさせて自分も浴び風呂の栓を抜いて脱衣場で身体を拭いた。

拭き終わって彼女を抱っこしてベッドに寝かした。

真由美「商売が落ち着いたら貴方の精子をくれる?」

私「まだそんな事言っているの?その話しは止めて今日はただ楽しもう」

真由美「これを解決しないと私は楽しめないの」

私「わかったから」

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 


PageTop