FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

みはる 10話 銀座の恋の物語

彼女の事務所の事務員の山田さんは劇団に所属している女優さんでパートで働いていた。

その劇団の団員さんと彼女とで飲み会があるからと誘われた。

夜、仕事が終わってから店に駆け付けた。

店に入ると彼女が来て私を皆の前で「彼です」と紹介してくれた。

劇団員の殆どが若い人で数人が年配の男女だった。

皆仲間という感じで私を寂しくさせないように話しの輪に入れてくれた。

私はいつも彼女の電話でお世話になっている事務員の山田さんの座っている席に行ってお礼を言った。

劇団の年配の方が「カラオケ歌ってよ!みはるちゃんと彼で一緒にどう?」と。

私はカラオケなど歌うのは初めてだったので遠慮した。

みはるが「折角だから一緒に歌おう」と言って「じゃぁ、私、銀座の恋の物語」と言った。

聞いた事ない曲だったが幼稚園でピアノを習っていたし中学ではブラスバンド部だったので一回耳にしたものは余程リズムが早くなければ歌えると思っていた。

彼女「私が教えるから一緒に歌おう」と言って歌った。

これが私の思い出のカラオケの曲「銀座の恋の物語」に。

それ以降この歌を歌ったのは22年後のあの日だった。

お開きになり、彼女が「今夜は私のアパートに泊まってってくれるんでしょう?」と言われたが、

女社長が心配するので「明日、店が早いから帰るね」と言って女社長のマンションに帰った。

帰ったら深夜だというのに女社長は起きて待っていてくれた。

女社長「随分、遅かったわね。今日は泊まってくるのかと思った」と言うので、

私「友人が中々帰してくれなかった」と言うと、

女社長「友人って女?」と尖った声で言った。

私「男に決まってるじゃん」と言ってシャワーを浴びに行った。

シャワーを浴びていると女社長も全裸になって入ってきて私を抱き締めキスしてきた。

大きくなった私のペニスを口で咥えて「浮気したら殺すからね」と言いながらペニスを強めに噛んだ。

女性は老若問わず怖いと思った。

体を拭いて寝室で女社長を抱いた。

つづく

PageTop

みはる 9話 大人の世界

彼女はとりあえず近々の目標(私と同棲する)が出来た事で仕事も順調にこなしていたようだった。

ある時、彼女から電話があって「事務所の女社長や所属タレントと大手プロダクションの所属タレントでパーティーがあるから来ないか?」と誘われた。

私が行けるようなレベルではないと言って断った。

「それでも来て欲しい」と言うので「一人では心細いから店の女社長を同伴してもイイか?」と尋ねると「イイよ」と言うので、

女社長には「女優の卵になった友人がパーティに来てと言うので同伴してもらいたい」と頼んだ。

「貴方と一緒なら喜んで」と言って快く同伴してくれた。

女社長の美貌はその辺の若いタレントよりずっと魅力的だったから女優やタレントにも引けを取らないと思っていた。

若い頃は銀座の高級クラブのホステスとして1.2を争っていたという。

当日が来て、スーツを着て女社長を伴ってパーティー会場に行った。

女社長に教えてもらって祝儀袋に入れた会費を受付に出し、名簿に名を記入した。

このような大人の世界の常識を経験豊富な女社長に教えてもらえて有り難かった。

さすがに女社長は堂々と背筋をピンと伸ばしていた。

私はそこの雰囲気に飲まれていてオロオロしてしまった。

立食のパーティーだった。

私たちを見付けた彼女が事務所の女社長と事務員さんを伴って近寄ってきた。

彼女は真っ赤なロングドレスを身に纏っていた。

日頃とは全く違った彼女の姿にたじろいだ。

事務所では男性との付き合いはご法度なので彼女は事務所の女社長と事務員に「こちらは地元の友人の依田さんです」と言って紹介してくれた。

事務所の女社長が「静岡の?」と聞いたので

私「ハイ、みはるさんは憧れの先輩だったんです」と答えた。

私は同伴していた店の女社長を「私が勤めているレストランのオーナーです」と紹介した。

オーナーは女社長と事務員さんそして彼女に名刺渡し、「楠木憲子です」と言って一礼した。

事務所の女社長は「ゆっくりして行ってください」と言い事務員と彼女を連れ立って他のお客様の挨拶に向かった。

店の女社長は「あんな美しい女優さんとお友達だったの?」とイヤミっぽい口調で言った。

私は「うん、まぁ、静岡時代の先輩だから」と言った。

それでも女社長は疑いの目で私を見ていたので、

私「そんな仲だったらわざわざ社長を誘わないでしょ?」と言うと

女社長「そうよね」と一応納得してくれた。

しかし女社長の美貌はそのパーティーに居た紳士たちの目に止まり次々に名刺を持って挨拶に来た。

私もお返しで「社長、やるじゃない」と笑いながら言うと

女社長「やはり巷の男たちは私の美貌には勝てないのよ、もしかしてヤキモチ妬いているんだぁ!」と私の顔を覗き込んで小悪魔っぽく言った。

私は「別に」とだけ言った。

それからも多くの大人の紳士たちが社長目掛けて挨拶にきた。

私は社長をそこに置いて彼女の所に行った。

彼女は私に事務員を紹介した。

事務員さんは女性の方だった。

彼女が「この山田さんだけが事務所で私の唯一の理解者なの、だから私に連絡がある時は山田さんに伝えて」と言った。

私は山田さんに「依田です。宜しくお願いします」と頭を下げ店で作ってくれた名刺を渡した。

山田さんが気を使ってくれて席を外してくれた。

「このみはるの姿を見て驚いたよ、さすが女優さんだなと思った」と褒めた。

彼女は「私の仕事の姿を貴方に見てもらいたかったから呼んだの」

彼女「今日の貴方も格好良いわよ」と。

私「でも何だか場違いな感じで俺が来るような場所じゃないね、オーナーを連れてきて本当に良かったよ」と言うと、

彼女は「物凄く綺麗な人よね、うちの社長も只者ではないねと言っていたわ」

私「妬いたの?」と言うと、

彼女「遠くから見ていたら何だかとても仲が良さそうに見えたから」

私「昔から色々良くして頂いているんだ」と言い、

「何かあるんだったら みはるに紹介できないじゃん」と言うと

「それもそうよね」と言って納得してくれた。

彼女と楽しそうに話していると店の女社長が近寄ってきて私と彼女の間に入った。

みはるは気を使って事務所の人たちが集まるコーナーに行った。

女社長「地元の先輩、後輩にしちゃぁ、随分と仲が宜しいことで」とイヤミを言った。

私は「社長、勘弁して下さいよぉ!」と言って誤魔化した。

女社長「私を放って一人にして彼女と話しているんだもの」

私「社長は多くの男性に挨拶されて満更じゃなかったと見えたけど」とイヤミのお返しをした。

そして私はみはるに「もう十分なので帰るね」と言いに行った。

「社長、帰りましょう」と言って外に出た。

帰りのタクシーの中で女社長は甘えてきて、

「今日は寝かさないから」と言ってキスをしてきた。

つづく

PageTop

みはる 8話 家出

彼女と会った日、高校に行って担任の先生に「中退したい」と申し出た。

担任は驚き「12月なんだし3月まで我慢すれば卒業できるんだから」と言われ理由を聞かれた。

私は父と進路の話しになって美容学校に進みたいと言ったら反対された事を話し、それなら自活しようと思った事を話した。

それでも担任は必死で「とにかく卒業してから考えた方が良い」と説得してくれた。

家に帰り、父宛に置手紙を残しバイトで貯めた金と数日分の着替えをバッグに詰め家を出た。

この日から独立創業するまで実家には帰らなかった。

その足でバイト先に行って女社長に時間を作ってもらって事務所で相談した。

社長は当分の間は社長のマンションに住んだらと言ってくれたので住ましてもらう事にし、社長が取引している銀行の担当者に私の口座を作ってもらって、社長のいる前で持っていた金300万円を貯金した。

社長はその金額を見て驚いていた。

「高校3年間でそんなに貯めたの?」と。

私は「はい、実質は2年半です、これも社長のお蔭です。」と言った。

「その内アパートも借りなくちゃいけなくなるし、その時は社長、保証人になって頂いても良いですか?」と尋ねると「いいわよ」と二つ返事で答えてくれた。

この日から毎日、バイトに明け暮れ夜は社長とセックス三昧だった。

お蔭で女を喜ばせる技も向上していった。

みはるにバイト先から電話した。

家出をして今、バイト先の寮で生活する事になったと伝えた。

更に二人で同棲するアパートを今後探すから心配しないようにとも伝えた。

とても喜んでいた。

彼女は仕事を辞めようか悩んでいる様子だったけど、とりあえず同棲してから考えようと話した。

つづく

PageTop

みはる 7話 今後のこと

彼女の尻に放った精液をティッシュで拭き取り自分で肉棒も拭いて

シングルの小さい敷布団に彼女と横たわり掛け布団を掛け眠った。

朝になって新しい歯ブラシを貰って流しで洗顔、

他の住人に見付からないようにして静かに共同のトイレに入って用を足した。

アパートの部屋では落ち着かないので彼女と早めに部屋を出て渋谷に向かった。

道々、彼女は私の耳元で「あそこにまだ貴方のおち○ちんが入っている感じがする」と言って笑った。

喫茶店でモーニングを注文して今後の事の話しあった。

彼女としては私と「今直ぐにでも同棲がしたいけど、高三だから無理よね」と。

私「そこの所は追々考えるとして、今後の二人の仲はどうしたいの?」と聞いた。

彼女「このまま出来れば貴方と結婚したい」と。

私「でも女優の道はどうするの?」

彼女「今、悩んでいるの」

私「折角、雑誌にも載ったのに今辞めちゃうのは勿体無いと思うんだけど」

私「もう少しこのまま頑張ってみようよ、俺も応援するから」

私「俺も君と同棲する方向で考えるからさ、アパートを借りるぐらいの金はもう貯まってるんだ」

彼女「すご~い!」

私「今後の連絡はどうしたらイイかな?」

彼女「事務所に電話して」と言って事務所の電話番号が書かれた紙を貰い、

私「家に電話して」と言って

食事を終え私は高校へ向かい、

彼女は事務所へと別れた。  

つづく

PageTop

みはる 6話 フェ○チオ

彼女を抱き寄せまた濃厚なキスを。

お互いに舌を差し入れて絡ませる。

彼女は私の上に体を乗せ私の乳首を吸い私が彼女にした愛撫を真似して体中を舐め回してきた。

肉棒を手で握り扱き玉袋を手で軽く握って玉を揉み肉棒を口に含んでフェ○チオをし出した。

その仕草は中々板に付いていたので

「誰に教わったの?」と尋ねると

「事務所の女性事務員とAVを見た時に知ったの」

ただ舐めているだけだったので亀頭、カリ首、裏筋を舌に力を入れて舐めるようにさせ時には甘噛みされるのが好きで肉棒を扱いて鈴口を吸ってと。

長い黒髪を掻き分けながら器用に舌や口を使えないでいる姿が逆に私を興奮させた。

彼女を上にしたまま69の体勢に体を入れ替えて私も彼女の花園を時間を掛けて舐め回した。

特にクリは念入りに舐め回し続けるとまた彼女は荒い息遣いになって興奮した。

「あっ、あっ、あん、イッちゃう、イッちゃう、イクッ、イクッ・・・・・」と

腰を何回か突き上げてからクリを強く私の口に押し付け足をピンと伸ばしアクメに達した。

そして「入れて!」とせがんだ。

私は彼女をバックの体勢にして後ろから肉棒を膣にあてがい中に一気に突き入れた途端、

彼女は「あっ!」と声を上げその後は往復のリズムに合わせ「あん」「あん」「あん」と声を上げた。

彼女の両手を握り体を起こさせ膣の奥に入るように激しく腰を振った。

私も絶頂を向かえ「みはる、俺もイキそう、イクよ」と声を掛け肉棒を引き抜き、

「うっ、うっ、イクぅ・・・」と叫び彼女の尻の上に射精した。

つづく


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。