FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

20-1話 5店舗目の開業と弘子のオナニー

4店舗目からは半年に一軒づつの勢いで新店舗を開業して行きました。

私自身も余りにも早い店舗なので、多少の不安はありましたが、取引銀行からの話しで融資を際限なく出して頂いていたので、強気の店舗展開でした。

また崇や茂も後進の社員を育ててくれていましたし、店長職を任せられる人材が次々と出てきてくれていました。

また倒産した店舗の従業員をそのまま採用した事もあり、順調に開業を進めていけました。

崇は専務取締役にして茂は総店長取締役として淑子は新人接客担当マネージャーとして勤務してもらいました。

5店舗目の開業を済ましてからも淑子のアパートでの暮らしは変わりませんでした。

弘子の事を愛していたので、求めると互いに拒まずにセックスをしました。

結婚後も週に1回は必ずするようにしていましたが、子供ができると弘子の両親が入り浸ってしなくなりました。

子供が生まれると弘子は育児に追われるようになり、夜は子供とぐっすり眠ってしまうので、セックスをおねだりすることはなくなりました。

私もこれ幸いと思い、弘子とはセックスを全くしなくなりました。

最近になって子供が大きくなり、弘子が2人目を欲しいといってきましたが、淑子との性活が堪らなく弘子を抱く気はなくなっていました。

弘子の顔や体型は年齢相応で相変わらずの美貌ですが、義父母からの虐めの激しさから弘子を見ると義父母の鬼のような形相を想像してしまうからだと思いました。

弘子のことは本当に愛していますが、女としての魅力を感じなくなってしまったので、どうしてもセックスをする気にはなれなかったのです。

弘子には本当に申し訳ないと思いますが、弘子とは正反対の魅力のある淑子が、真新しさという点からも魅力を感じていたのです。

本当に最低だとは思いますが現実の話でした。

そんな私を察してか最近弘子から誘ってくることはなくなりました。

(つづく)



PageTop

19話 4店舗目開業

超多忙な日常になりました。

取引銀行の担当者さんから4店舗目の打診があり、またまた好条件でしたので、経営の承諾をしたのです。

2度目の独立開業してから一年毎に新店舗を開業しています。

全て取引銀行の担当者さんが持って来てくれていた案件でした。

今でいう、かの有名な「ロードサイドのハイエナ」こと井戸実氏より大分前に当社が彼の手法の実践していたのです。

なので、業態はそこでやっていた業種を引き継ぐ形で従業員も元の店から全員を引き抜いて当社の社員やパ-トにさせての開業ですから、ノウハウだけを徹底指導するだけで開業が出来てしまうのです。

なるべく個人経営の店をターゲットにして銀行担当者にはハイエナしてもらっていました。

個人経営の社長を社員として迎え店主として、その店主の名前を店名に入れて再オープンさせるので、その元経営者も店を倒産させたのではなく、リニューアルオープンをしたという表向きの理由が出来たのでモチベーションも上がりますし、店の経営は安定し向上したのです。

個人店が倒産する時はその店主の給料は当然の事ながら取れないものです。

それが当社の社員として迎えて給料制で働いて頂くのですから、店を畳んでも無職になる事も無く、今までの借金をその給料から返済する事もできるので一石二鳥三鳥でした。

(END)

PageTop

弘子とのその後 18-5 淑子との性活の充実

グチュッグチュッグチュッと何かが混ざり合う音が部屋中に響き渡り厭らしい獣が発するような匂いが漂い出しました。

「あぁっん、イ、キそう・・・」淑子が声にならない声を振り絞りながら、私は突然淑子の腰を強く掴み、お互いの腰を激しく打ちつけ合いました。

「俺もイキそうっ、あぁっ!」

淑子はその言葉を聞いた瞬間に勢い良く奥まで腰を沈めて、背中を弓なりに反らしビクビクビクッと大きく身体を震わせ「イクイクイク、イックゥゥゥ・・・・・!」とアクメに達しました。

私も「出る、出る、出るゥゥゥーーー!」と叫んで淑子の身体を強く抱きしめて、自由になっていない腰を気持ちで持ち上げて、淑子の蜜壺に打ち付けて、ドクッ、ドクッ、ドクッと発射させました。

私達は身体を重ねた後は、必ず一緒に風呂に入りシャワーを浴び、浴槽に二人で入って、まず私が淑子の身体を丁寧にボディソープで洗いました。

淑子の右腕から首筋、背中に掛けて、私の大きな手に淑子の胸が包まれて全体をゆっくり撫でると、淑子の胸の先端はピクッと反応し、「あぁんんっ」と喘ぎます。

尻から太腿、足の裏まで丹念に私の大きな手が淑子の身体全体に行き届き、洗っているのか、弄っているのか、淑子自身良く分からなくなってしまうほどでした。

私の太い指が1本触れるだけで感じてしまう淫らな身体の淑子でした。

優しくシャワーで洗い流すと、淑子はそのままバスタブを出てタオルを素早く巻きました。

私も身体を急いで洗って、バスタオルで素早く拭き、全裸で一緒のベッドに入り、朝まで眠り、泊まった夜は毎回、身体を重ね愛し合いました。

朝は淑子が作った朝食を食べ、時間差で出勤が毎日の日課になっていました。

(END)




PageTop

弘子とのその後 18-4 淑子との性活の充実

しばらくの間淑子の荒い息が部屋に響き、私を見下ろしながら顔を撫でると、そのまま私のところにしゃがみ込むように腰を下ろしたのです。

そして淑子の蜜壺の入り口と私の先端が触れ合う時、淑子は「あっ!」と呻き、また顔を歪め、起こしていた上半身を力なくベッドに預けて大きく息を吐きました。

さらに淑子はまたゆっくりと腰を降ろし、私の暴れん棒を掴み「あっ、あぁぁぁ・・・」と言いながら奥へと沈めていきました。

私も「うっ!」と呻きながら淑子の奥へ、奥へと入っていく度に、淑子は身体を痙攣させていました。

背中に電気が走るような快感に、淑子も深い吐息を漏らし、恍惚感に浸っているかのようでした。

「あぁっ、イイ・・・」とまた呻いた淑子は、私の全てを受け入れ、蜜壺の中に私を確かめるかのようでした。

淑子は、ゆっくりと腰を上下に動かし始めました。

腰を浮かす時は私のカリが見えるまで、沈める時は暴れん棒根元の淫毛と皮膚、淑子の淫毛と皮膚が擦れ合うまで、その動きに時間をかけるほど、淑子の表情はどんどん歪ませ、それとは反対に蜜壺の汁を更に溢れさせ、下半身の上下のスピードを早めていきました。

「はぁっ、あん、あん、気持ちイイの・・・」淑子は一心不乱に私の腰へ自分の腰を打ち付けるように動いていました。

皮膚と皮膚、淫毛と淫毛がジャリッジャリッと触れ合う度にピチャピチャと厭らしい音が聞こえ、淑子は更に声を出し、私の息も荒くなっていきました。

「イキそう・・・」と言い掛けた淑子の表情は更に苦痛にも似たものに変わっていきました。

淑子は脚を更に大きく開いてM字にすると背中の方にある私の脚に手を付き、深く上下に腰を動かしたのです。

「あっ、あっ、あっ、あぁんっ、イイ、イイ、気持ちイイの・・・」淑子の腰の動きは段々と速さを増していきました。

(つづく)




PageTop

弘子とのその後 18-3 淑子との性活の充実

淑子は咥えながら舌で鈴口から出ていた先走り汁を舐めると、淑子の下半身は更にじんわりと潤ってきているようでした。

唾液で濡れた私の暴れん棒を、吸い上げるようにしながら口を離すと、淑子はそのまま私の上に跨り、私の腰の上辺りで仁王立ちになり私を見下ろすのが、一番淑子の下半身を疼かせているようで、その体勢のまま淑子はブラジャーとパンティを脱ぎ捨てました。

上半身を起こした私の頭を優しく抱くように、自分の胸元を近付け、「あぁんんっ」と呻き、私は淑子の柔らかい胸に丁寧に舌を這わせました。

淑子は「はぁん」とまた喘ぎ、私は乳輪の膨らみを縁取るように口付けをしていると、淑子の透き通った餅肌がピンク色に染まってきて小さな痙攣を起こし反応しました。

淑子は「あっ、あっ、あぁぁぁん」

私は淑子の小さな突起に唇を合わせ、舌を伸ばして突いたり、レロレロと転がしたり、粘っこく嫌らしく舐めたりして、敏感な先の部分の皮を唇で引ん剥き、刺激していきました。

「はあん、あんっ、はぁっん」強い電流のようなビリっとした感覚が淑子の身体の中心を一直線に通り抜けていきました。

「あっっ!」痛いくらいにジュルジュルと突起を吸い上げ、淑子は背中をピンと仰け反らせて上半身をビクビクさせました。

また下半身にじわっと熱い感覚が広がっていることでしょう。

静かに淑子の先端からプチュッと音を立てて口を離すと、次に私は淑子の少ない淫毛に顔を近づけて匂いを嗅ぐように鼻を鳴らし、優しく唇を付けました。

淑子は私の髪の毛を掴んでいる右手に力が入り、「いやん、あん、あぁん・・・」と甘い吐息を漏らしました。

淫毛の奥にある一筋の割れ目に口付けをした私はゆっくりと舌を奥に伸ばしていったのです。

「あっ」と呻いた淑子は一瞬目を大きく見開きました。

更に淑子の蜜壺をジュルジュルと音を立て舐めている私を恍惚に浸った目で見ていました。

私の分厚くて柔らかい舌が表面をなぞるように動き、たまに舌先で突いたりと自由に動かす度に私の口内からは唾液が溢れ、淑子の腰と脚はビクビクと反応しました。

淑子は狂おしい声で「あっ、もうダメッ、ダメですぅ・・・」

一番感じる部分を優しく吸い上げると、両手で私の頭を強く掴み淑子は身体を硬直させ、その後に大きくビクビクっと全身を波打つように震わせ「イイッ、イックゥゥゥ・・・・」と叫びました。

自分の力では立っていられないほど身体をくねらせた淑子は、もう殆ど私の頭に身を任せるかのような格好で痙攣する身体が落ち着くのを待ちました。

淑子は息を荒げ「はぁっはぁっはぁっはぁっ」と、今にも崩れ落ちそうなほどに感じたようでした。

(つづく)


 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。