FC2ブログ
 

官能私小説ノート

21-3話 淑子との性活

そして淑子は騎乗位も大好きでした。

私を好きにできる優越感が堪らないらしく、また自分の気持ちイイ、ポイントに当てられるのも魅力だと言い、何よりも私がイク時の顔と態度が堪らないからだそうです。

私に跨り、グチョグチョの淑子の蜜壺に私の元気な暴れん棒を入れて、まずは腰を前後に動かしていると「イイ、気持ちイイの・・・」と感じて、私に抱き付きキスをするのです。

その後は私の乳首を触りながら、淑子の腰付きはもっとエロさを増すのです。

乳房を揺らしながらグルグル円を書くように動いたり、前後に動いたり、跳ねたり・・・奥にいったり、浅くなったり、巨乳のおっぱいが更に大きく揺れて、セミロングの髪が揺れて、喘いでる淑子を見て興奮してる私を見た淑子は更に興奮しているかのようでした。

淑子のくびれた腰を持って、腰を突き上げていると、淑子は自身の片方の手をクリに当てて弄り、、もう片方の手で自分の乳房を揉みながら私の上で「イッちゃう、イッちゃう、イックゥゥゥーーー!」とアクメに昇り詰めました。

騎乗位の時の淑子の一番好きな瞬間は私の我慢の限界になりイク時の、「ダメッ、ダメ、イキそうだから、止めて!」と懇願する時だそうです。

そんな時の淑子は日頃の従順さは無く、小悪魔のように意地悪く更に腰を早く振りました。

そして、私がイク瞬間の暴れん棒の膨張が堪らなく気持ち良いそうで、私は「淑子~、イクよ、ウッウゥゥゥーーー!」と言って発射します。

(END)

PageTop

21-2話 淑子との性活

淑子は私の太腿の内側から上に掛けて舌先を使って舐め、「脛の毛が舌先に当たる感じが男を感じで気持ちイイの」と良く言いました。

そこからゆっくり裏スジを舐め、優しくタマを触ると「柔らかくてこの感覚も大好きなの」とも。

時々片方づつタマを口に含んで、亀頭の手前までペロペロ舐めます。

そこからゆっくり亀頭に円を書くように舐めて、最後に大きな口を開けて喉奥まで入れます。

この時点で既にトロトロの淑子でした。

そこからジュルジュル音を立てながらしゃぶってくれて、ジュルジュルジュルジュル・・・と喉の奥でエヅクくらい亀頭が当たると淑子も私も気持ち良くて。

私が暴発させた時はそのまま淑子はザーメンを飲み干し「美味しい」と言って唇に付いた唾液やザーメンを舌を回して舐めました。

そんな淑子の魅力ですが、一番良いのは何と言っても本番の相性でした。

私の暴れん棒が淑子に入る時、最初はゆっくり入れて「亀頭がが入ってきた!」と言ってその瞬間が分かるのか「気持ちイイの・・・」と叫びました。

浅くそしてゆっくりを繰り返し、キスを重ねて、そこから少しづつスピードアップしてどんどん深い所まで突き貫くのです。

正常位の時は尻を持ち上げ最後、淑子が一番感じるポイントを捉えて突き上げていると、潮を吹き捲くるのです。

いつもベッドはグチョグチョに濡れ捲くって、淑子は悲痛な声で喘ぎ捲くるのです。

気持ち良過ぎて頭の中は真っ白になるのか、「死ぬ・・・、死んじゃう・・・」と大きな声で叫んで、それ以上動かしていると、「お願い・・・、本当に死んじゃうから・・・」と叫びました。

淑子がイッたのが分かると、私はクールダウンさせて、動かないようにしてあげていました。

(つづく)

PageTop